会員規約

第1条(K.K. OFFICIAL FAN CLUB 「以下、ファンクラブとします」) が行うサービス)
電子メールや会報にて会員限定の情報(ライブ・グッズ・イベント)をお知らせし、会員限定へのサービスを提供します。

第2条(目的)
ファンクラブは「K.K.」を応援してくださるファンの皆様と、「K.K.」の結束をより強くするためのものです。会員はすべてこの規約に同意したものとみなします。

第3条(入会金、会費について)
入会申し込み時や会員資格の延長を希望する場合は、所定の会費をファンクラブへ支払うものとします。

1. 入会時・・・4000円(入会金1000円+12ヶ月分3000円)
2. 継続時・・・3000円(12ヶ月分)
3. 第1項の年会費等の支払いに必要な振込手数料、その他の費用は、原則会員の負担とします。

第4条(会員規約)
1. 会員は、当会から会員宛の送付物の送り先の住所地が日本国内にある者に限定するものとします。但し、当該申込時点で入会申込者が18歳未満である場合は、その保護者の同意が必要です。
会員は、入会申込の時点で、本規約の内容に合意しているものとみなします。
2. 会員証を再発行される場合は、再発行手数料1,000円を希望者にご負担いただくことにより、当会は会員証を再発行します。元の会員番号は失効となり、新しい番号になります。
3. 会員資格の継続を希望する会員は、有効期限後の会費を有効期限までに支払う必要があります。有効期限の2ヶ月前に継続のご案内をお送りします。有効期限までに、ファンクラブの指定する方法にて継続手続きを完了しなかった場合は、本契約は契約期間満了となり退会扱いとなります。
4. 会員は入会成立後、ファンクラブが会員に付与する、会員証・会員番号の管理責任を負うものとします。
5. 会員は、会員証・会員番号を第三者に利用させたり、貸与をしてはならないものとします。もしもその事実が発覚した場合は、会員の資格を一時停止または剥奪できるものとします。
6. 会員は、会員証・会員番号の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用による損害の責任は、会員が負うものとし、ファンクラブは一切責任を負いません。
7. 会員は、入会申し込み時において届け出た内容に変更があった場合、速やかに所定の手続きによって行うものとします。
8. 会員が前項の届け出を怠った場合に発生するファンクラブからの告知不到達に関しては、ファンクラブは一切責任を負いません。
9. 会員証は、本サービスの利用に際して、必ず提示いただくこととし、提示がない場合は本サービスを受けることができないこととします。
10. 本規約及び本サービスの内容の変更等に関する当会からの通知は、会員に対し随時必要な事項を通知した時点から、その効力を生じるものとします。

第5条(禁止事項)
1. 第2条の目的に反する行為。
2. 当会及び第三者の著作権、商標権等の知的所有権を侵害する行為、又はそのおそれがある行為
3. 第三者の財産、プライバシー、もしくは肖像権を侵害する行為、又はそのおそれがある行為
4. 第三者になりすまして入会する行為
5. 第三者になりすましてサービスを利用する行為
6. 会員証、会員番号、入場券、招待券、郵便物、プレゼント等を第三者に譲渡する行為
7. 当会及び「K.K.」又は第三者を誹謗中傷する行為
8. 当会及び「K.K.」又は第三者に不利益を与える行為、又はそのおそれがある行為
9. 「K.K.」の活動を妨げるような行為
10. 前各号の他、本規約、法令、又は公序良俗に違反する行為、もしくはそれらのおそれがある行為
11. 前各号の行為を第三者に行わせる行為

第6条(退会)
1. 有効期限までに、会員が契約更新の手続きをしない限り、当該会員は退会したものとします。契約更新手続きにかかる手数料等は会員の負担となります。
2. 会員が第4条・第5条に反する行為を行った場合、会員の資格を一時停止または剥奪できるものとします。
3. 会員からによる途中退会の申し出があった場合、会員の資格を剥奪できるものとします。その際、いかなる理由においても会費の返却は一切行わないものとします。
4. 会員は、会員特典による商品等の購入代金その他当会のサービスの利用料等につき、退会の時点で支払義務が発生しているものについては、退会後もなお支払義務を免れないものとします。
5. 会員は、次の各号のいずれかに該当する場合、当該会員の了承を得ることなく、当該会員に対して設定・発行した会員番号の使用を停止する場合があります。
(1)電話、FAX、電子メール、郵便等の手段により会員と連絡を取ることができない場合
(2)第三者により会員番号が不正に使用されている場合、又はそのおそれがあると当会が認める場合
(3)その他当会が緊急性が高いと認める場合

第7条 (自己責任の原則)
1. 会員は、本サービスの利用に関してすべての責任を負うものとし、当会に対して何等の迷惑、又は損害を与えないものとします。
2. 本サービスの利用に関連して、会員が第三者に対して損害を与えた場合、又は会員と第三者の間で紛争を生じた場合、当該会員は、自己の責任と費用でこれを解決するものとし、当会は一切の責任を負わないものとします。
3. 会員は、第三者の行為に対する疑問、もしくはクレーム等がある場合は当該第三者に対し、直接その旨を通知するものとし、その結果については、自己の責任と費用をもって処理、解決するものとします。
4. 当会は、本サービスの利用により発生した会員の損害一切に対し、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償義務から免れるものとします。
5. 当会以外の第三者が会員に対して提供するサービス等の利用に関連して会員が損害を受けた場合、当会はいかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償義務から免れるものとします。

第8条(個人情報)
ファンクラブは、会員の氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、電子メールアドレス、本サービスの利用履歴等会員に関する情報(以下、これらを総称して「会員情報」といいます)を取得するものとし、会員情報の保護について必要かつ適切な措置を講じることとします。

第9条(サービスの中断)
天災、火災、停電、社会情勢の変化等の不可抗力な理由により、一時サービスの提供が中断される場合があります。その場合速やかに復旧に勤めますが、それによって発生する損害に対してファンクラブは一切責任を負いません。

第10条(ファンクラブの解散)
ファンクラブは、3カ月前までに会員に対して告知することにより、当会の裁量で本クラブの活動を終了し、会員に対するサービスの提供を中止することができます。

第11条(規約の効力)
本規約は平成24年12月24日より効力を発する。